葛生のカプセルライナー

IMGP2580_1_2.hdr
こちらの太いパイプ、中を石灰石を積んだカプセルが空気の力で走っている。
カプセルライナーというそうだ。約3kmのパイプが敷かれこちらが終点のセメント工場。
ちなみに出発は唐沢鉱山
このパイプラインがひかれる前は、近くで保存展示されている貨物列車で運んでいた。
IMGP2591_89_90.hdr IMGP2585_3_4.hdr IMGP2586
嘉多山公園でウサギとSLに話しかけてきた。
IMGP2596 IMGP2599_7_8.hdr IMGP2605_3_4.hdr
今週末は写真の整理をした。デジカメ歴も15年となり写真は貯まる一方。
これまでデータは整理することなく複数のファイルサーバーに雑多に保管されていた。
これでは、読み込みに時間がかかり見たい時に写真が見れない。
そこで、見つけたのは意外や身近なグーグルフォト。
調べて分かったけど、自分がふだん撮っているサイズであれば写真や動画は、
無制限に保存できるようだ。

帰りに立ち寄ったバッティングセンター。
今日は、気持ちバットを立ててみた。すると大きなあたりは出なかったが、
確実に芯に当たっている手応え有り。
バッティングフォームの研究も面白そうだ。

取材:ペンジ・コルティ・ハルキー・キース

広告

葛生のカプセルライナー」への6件のフィードバック

  1. 葛生線の先が廃線になったのは、このパイプラインというかカプセルライナーで運ぶようになったからなんでしょうか?
    デジカメって確か前世紀末ごろに出回りだしたんですよね。すっかり定着していますね。

  2. ウサギとSLにはどんなことを
    話しかけてきたのかな?
    デジカメで撮った写真、増えるよね~。
    普段からこまめに整理するようにしているよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中