ストームグラスがやってきた

IMGP2014
クリスマスのプレゼントにもらったストームグラス(上の写真はブラックライト照射)。
結晶の状態で天気を予測するという19世紀に開発されたアイテム。
原理は今でもよく分かっておらず、気温、湿度、気圧、大気の電気的なものが影響を及ぼし、
結晶の状態が変化するのだそうだ。特に嵐の前には結晶が葉脈状に成長するようで、
嵐はあまり来てほしくないけど、どんな感じになるのか楽しみだ。
IMGP2013 IMGP2009 IMGP2016 IMG

取材:ペンジ・ハルキー・キース

広告

ストームグラスがやってきた」への6件のフィードバック

  1. こんにちはー!!
    ストームグラスって初めて聞きました。
    原理が今でもわかっていないのって、その辺りも含めて魅力的ですね。
    確かに嵐は来て欲しくないけど・・・
    もしそうなったときは、ぜひレポお願いいたします!!

    • こんなご時世でもまだ分かってないことがあるんだなぁって思いつつ、
      逆にその贅沢感に浸っているよ。今後もたまに登場すると思うのでよろしくね~。

    • 毎日様子が変わっていくなんて面白いよね。
      机の前に設置し、観察することにしたよ。
      今日も写真撮ったのでこれからアップするよ~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中