昭和初期の洋館と”うだつ”

IMGP2000_1_2.hdr
佐野市の街中にある洋館。綿糸商として栄えたんだそうだ。
赤い窓枠、植物の模様をあしらった外壁。いい感じだ。
IMGP2003 IMGP2004 IMGP2005
日本家屋の端に立っている壁のような物は”うだつ”といい、”うだつが上がらない”の語源の一つとされる。
当初は防火の意味があったが、江戸後半になると財力の象徴になっていったらしい。
シュトーレン買って食べた。甘くて美味しかった。

取材:ペンジ・コルティ・ハルキー・キース

広告

昭和初期の洋館と”うだつ”」への6件のフィードバック

  1. 豪邸だね。庭木も凄いな~・・・
    シュトーレンもここ数年で浸透しつつ
    あるのかな。
    ドイツ風のクリスマスマーケットも
    あちこちで出没しているみたいだし。
    楽しそうだよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中